伽羅蕗

kyarabukiきゃらぶき
三夏

山蕗を使う。三、四日水に漬けてあくを出したあと、醤油、みりん、酒などでとろとろと煮る。伽羅香のような色になるのでこの名がついた。

伽羅蕗の滅法辛き御寺かな
川端茅舎「川端茅舎句集」

伽羅蕗を煮返す妻や今日も雨
増田龍雨「龍雨俳句集」

コメントは受け付けていません。