煮酒

にざけ
三夏
新酒火入れ/酒煮る/酒煮

前年に醸した酒を、陰暦の四月頃に煮返すことをいう。酒を長い間貯蔵できなかった頃の作業である。

酒を煮る家の女房ちよとほれた
蕪村「新花摘」

夜をこめて酒煮る家や竈の火
内藤鳴雪「鳴雪俳句鈔」

大いなる泉を控へ酒煮かな
石井露月「露月句集」

コメントは受け付けていません。