金盞花

kinsenka
きんせんか/きんせんくわ
晩春
常春花/長春花/ときしらず/唐金盞/金盞草/カレンジュラ

菊に似た黄色または橙赤色の花をつける。切花や仏花として用いられる。名の由来は花の形と色を金の盃に例えたのであろう。花の咲いている期間が長いことから常春花、長春花、ときしらずなどの別名がある。

雨垂の泥にさびたり金盞花
松菊「新類題発句集」

見たらぬに目をたしてみん金盞花
信徳「口真似草」

金盞花夕陽につるる眠哉
百里「桃の実」

コメントは受け付けていません。