蜆汁

sijimijiru
しじみじる
三春
 
 
砂出しをした蜆を具にした味噌汁。具は蜆だけとすることが多い。昆布出汁や鰹出汁の必要はなく、蜆それ自体の濃厚なうまみを引き出す。酒で弱った肝臓の働きを高めるとされる。蜆の旬が春なので春の季語となっている。

民かくて日永になりぬ蜆汁
蓼太 「三傑集」

榛の木の花見に来ませしじみ汁
道彦 「蔦本集」

ほんの少し家賃下りぬ蜆汁
渡辺水巴 「水巴句集」

コメントは受け付けていません。