御忌

御忌/ぎょき
晩春
 
 
法然忌/円光忌/御忌詣/御忌の寺/御忌の鐘/弁当始/衣装競べ/経の紐解/御忌小袖
 
 
浄土宗の開祖法然の命日に行われる法要。命日は陰暦一月二十五日だが、明治十年より四月十五日から二十五日まで行われるよう になった。昔の京都の人は一年の寺参りの始めとして遊山も兼ね て着飾って詣でたため御忌小袖、衣装競べ、弁当始といった。

なには女や京を寒がる御忌詣 
蕪村 「蕪村句集」

八郡の空の霞や御忌の鐘
召波 「春泥発句集」

着だをれの京を見に出よ御忌まふで
几董 「晋明集二稿」

コメントは受け付けていません。