通草の花

hanaakebiあけびのはな
晩春
木通の花/山女の花/山姫の花/あけびかづら/三葉通草/丁翁の花
【解説】
山地に自生する蔓性植物。雌雄同株で若葉の脇に薄紫の雄花と雌花が房のように咲く。目立たないが心ひかれる花である。

負ふた子や通草の花に手をのべる
松瀬青々 「妻木」

乱鶯に山藤が散る通草が散る
松本たかし 「石魂」

コメントは受け付けていません。