若芝

 
わかしば
晩春
 
 
春の芝/芝萌ゆる/芝の芽/芝青む
 
 
庭園や広い敷地等に植えられ、根茎が地上を這い細い根をを出して拡がる。冬場は枯れ、春になると新芽が萌え始める。新芽が出揃った美しい状態を若芝と呼ぶ。

若芝や笠脱ぎて置く鳥居前
好和 「新類題発句集」

降つて跡火のしかけたり春の芝 
沽涼 「綾錦」

コメントは受け付けていません。