雪虫

 
ゆきむし
初春
 
雪解けの始まる二月頃、雪の上に姿を現す黒い小さな虫。幼虫時には渓流にすみ、早春に羽化する。カワゲラ、ユスリカ、トビムシの類である。初冬の季語「線虫」を雪虫と称されることがあるがまったく別のものである。

コメントは受け付けていません。