萍生ひ初む

 
うきくさおひそむ
仲春
 
 
萍生ふ
 
 
萍は水面に浮かぶ水草の代表的なもの。晩秋に枯れて沈む。枯葉の裏に生じた冬芽が水底に沈んで越冬し、春になると浮かび水面を覆い尽くすほどに殖える。

萍や生そめてより軒の雨
白雄 「白雄句集」

うき草やことしも違ふ生所
少波 「類題発句集」

萍や池の真中に生ひ初むる
正岡子規 「子規全集」

コメントは受け付けていません。