連翹

 
れんぎょう/れんげう
仲春
 
 
いたちぐさ/いたちはぜ
 
 
半つる性植物。枝が柳のように撓み、地につくとそこから根を出す。葉に先立って鮮やかな黄色の花を枝先まで付ける。その様子が鳥の長い尾に似ているのでこの名がついた。
 
連翹や黄母衣の衆の屋敷町
太祇 「新五子稿」

連翹に一閑張の机かな
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。