鮎汲

 
あゆくみ
仲春
 
 
汲鮎/子鮎汲/鮎苗
 
 
孵化した鮎の幼魚は川を下り、冬の間、海で育ち、春になると川に戻ってくる。それを一箇所に追い集め、杓や網で掬い上げる。最近では鮎漁は初夏まで禁じられている。

汲み鮎や青山高く水長し
召波 「春泥発句集」

鮎汲みや喜撰ケ嶽に雲かかる
几菫 「普明集二稿」

五日経ぬあすは戸無瀬の鮎汲まん
去来 「一楼賦」

いざ汲まん桜は咲きぬ小鮎どき  
支考 「国の華」

コメントは受け付けていません。