鐘供養

 
かねくよう/かねくやう
晩春
 
年中撞かれている鐘の供養をする日。安珍、清姫の日高川伝説に基づき、道成寺では四月二七日に観音会式があり、ジャンジャカ踊りを行う。安珍が隠れた大釣鐘を蛇身で巻き、火を噴きながら果てる清姫の執念を舞台で再現する。

コメントは受け付けていません。