鶯菜

 
うぐいすな/うぐひすな
仲春
 
小松菜が十センチ位に伸びたものをつまみ菜として市場に出す。これを鶯菜と呼ぶ。鶯の鳴き声を聴く頃に出る菜であるためという説と、菜の色が鶯色であるためという説がある。灰汁がなく、おひたしや胡麻和えなどに用いられる。 
 
それ一種で野辺の宿かせ鶯菜
宗因 「宗因発句集」

摘みそへよ膳のむかひの鶯菜
白雄 「白雄句集」

コメントは受け付けていません。