接木

 
つぎき
仲春
 
 
接穂/砧木/接木苗/芽接/切接/根接
 
 
樹種を改良し、結実をよくするために、木の枝や芽などを他の木に接いで生育させる。元木は砧木(だいぎ)、接がれる枝や芽を接穂という。春の彼岸のころの作業がよいとされる。

小刀のそれから見えぬ接木かな
支考 「東華集」

垣越しにものうちかたる接木かな
蕪村 「蕪村句集」

庭中にあるじ酒くむ接穂かな 
白雄 「白雄句集」

夜に入れば直したくなるつぎ穂かな
一茶 「文化句帖」

うれしさよ接木の椿花一つ 
正岡子規 「子規全集」

コメントは受け付けていません。