振舞水

 
ふるまいみず/ふるまひみづ
晩夏
 
 
接待水/水接待/水振舞
 
 
夏の日盛りに飲み水を湛えた桶や甕を路上に出し、道行く人に自由に飲ませること。人々に大いに喜ばれた。

砂糖水ただふるまふや江戸の町
一茶 「九番日記」

門前に振舞水や松の風
相島虚吼 「虚吼句集」

脚に吹く振舞水のあまりかな
島田五空 「裘」

コメントは受け付けていません。