蓮の浮葉

 
はすのうきは
仲夏
 
 
蓮浮葉/浮葉/銭荷/銭葉
 
 
初夏、蓮の地下茎から伸びた柄の先に、丸い小さな若葉が生じる。この若葉は水に張り付いた様に見え、中国では銭荷という。薄緑の新葉が池を覆う景は誠に涼し気である。 

蓮池の深さわするる浮葉かな
荷兮  「春の日」

飛石も三つ四つ蓮のうき葉かな
蕪村 「蕪村句集」

波なりにゆらるヽ蓮の浮葉かな
正岡子規 「子規句集」

蓮の葉や波定まりて二三枚 
村上鬼城  「鬼城句集 」

くつがえる蓮の葉水を打ちすくひ
松本たかし 「野守」

コメントは受け付けていません。