店卸

 
たなおろし
新年
棚卸/初棚卸
 
 
年頭に商品の在庫数と台帳を照らし合わせること。昔は年の初めに店卸しをするのが慣わしであったが、今は必要に応じて一年中行なっている。

本町やむかひあはせて店おろし
其角 「五元集脱漏」

暖簾に春ふかく見ゆ店卸し
波公 「新類題発句集」

物陰に笑ふ鼠や店おろし
一茶 「九番日記」

此の家の古蓑拝め店卸し
丈左 「発句題叢」

正月の遊び仕事や店おろし
雪珊 「発句類聚」

コメントは受け付けていません。