夏羽織

なつばおり
三夏
 
 
単羽織/薄羽織/麻羽織/絽羽織
 
 
夏に着るひとえの羽織。絽、紗、麻などの透けた素材であるため、軽く、見た目にもとても涼しげである。着物離れとはいえ、趣味人には愛好される。祭などで、袴の上に着ている姿も情緒がある。

別ればや笠手に提げて夏羽織
芭蕉 「白馬」

側に置きて着ぬことわりや夏羽織 
太祇 「太祇句選後篇」

脱ぎすてて我ゆかしさよ薄羽織
蕪村 「夜半叟句集」

手に持たば手にわづらはし夏羽織 
几董 「井華集」

夕陰や片がは町の薄羽織
一茶 「享和句帖」

夏羽織われをはなれて飛ばんとす
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。