御祓

 
みそぎ
晩夏
 
 
禊/御祓川
 
 
陰暦六月晦日、神社で行われる神事。人の罪や穢れを祓う。夏の疫病などの災いを逃れ、無事を祈願する。宮中では古くから六月と十二月に行ったが、現在では、六月三十日に行うことが多い。茅の輪潜り、形代を流したりする。 

吹く風の中を魚飛ぶ御祓かな
芭蕉 「真蹟画賛」

沢潟による傾城や御祓川 
蕪村 「落日庵句集」

泪して命うれしき御祓かな
樗良 「樗良発句集」

川ぞひを戻るもよしや御祓の夜
白雄 「白雄句集」

夕虹も消えて御祓の流れかな
闌更 「三傑集」

雨雲の烏帽子に動く御祓かな
正岡子規 「寒山落木」

コメントは受け付けていません。