金鳳花

 
きんぽうげ
晩春
 
 
金鳳華/うまのあしがた/こまのあしがた/おこりおとし
 
 
日当たりのよい山野、田の畦などに自生する。高さ五十センチ程の茎に黄色い五弁の花を咲かせる。明るい親しみやすい花である。春の訪れを感じさせる。日本、中国、朝鮮半島に分布する。

水ひいて畦縦横や金鳳華 
原石鼎  「花影」

コメントは受け付けていません。