二日灸

 
ふつかきゅう/ふつかきう
仲春
 
 
二日やいと/春の灸/やいと日
 
 
陰暦二月二日に灸をすえると効能が倍になるとか、無病息災で暮らせるという俗信がある。陰暦八月二日にも同じ風習があり、「二日灸」と云う。俳句では二月の方が主である。農事の始まる 前の疫病除けであろう。

二日灸花見る命大事なり 
几董 「井華集」

かくれ家や猫にもすゑる二日灸
一茶 「八番日記」

死はいやぞ其きさらぎの二日灸
正岡子規 「子規句集」

撫肩のさびしかりけり二日灸
日野草城 「青芝」

コメントは受け付けていません。