雁風呂

 
がんぶろ
仲春
 
 
雁供養
 
 
雁が北へ帰ったあと、海岸に落ちていた木片をひろい、それを薪 にして焚いた風呂のこと。木片は雁が渡りの途中海上でで休む為に必要としたもので、残された木片は雁が死んだ数であるとして悼む心もある。

コメントは受け付けていません。