牡丹の芽

ぼたんのめ
初春

奈良時代に中国から渡来した落葉低木。寒さに強く、冬の間から地中で活動を始め、早春に芽が膨らむ。朱色の太い芽には生命力 があり、春の到来を教えてくれる。

吹き落ちて松風さはる牡丹の芽
日野草城 「昨日の花」

牡丹の芽炎となりし怒濤かな
加藤楸邨「雪後の天」

 

コメントは受け付けていません。