磯巾着

 
いそぎんちゃく
三春
 
 
磯巾著/いしぼたん
 
 
浅い海の岩礁にすむ腔腸動物。水中で触手を開いている姿が菊の花のようである。刺戟を受けると巾着のように体を縮め、小魚、蝦などを捕らえる。

岩の間のいそぎんちゃくの花二つ 
田中王城 「ホトトギス雑詠選集」

コメントは受け付けていません。