鳥交る

 
とりさかる
三春
 
 
鳥つるむ/雀交る/鳥つがう/鳥の妻恋/鶴の舞/鳥の恋/恋雀
 
 
春から初夏にかけて鳥は美しい声で囀ったり、強く羽搏いたりして様々な求愛行動をする。繁殖期を迎えたのである。雄鳥が雌鳥を誘う姿はとても愛らしく春の訪れを感じさせる。

村深し燕つるむ門むしろ
几董 「井華集」

海士が家の穂垣に高し鳥交る
道彦 「発句類叢」

屋根茸のうしろに交む小鳥かな
内藤鳴雪 「鳴雪俳句鈔」

竹に来てつるむ鳥あり詩仙堂
松瀬青々 「妻木」

鳥交み人の睡りのうつくしき
松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。