花水木

hanamizukiはなみずき/はなみづき
晩春
アメリカ山法師

【解説】
ミズキ科の落葉低木。北アメリカ原産。高さは五~十メートル位で、日本の山法師の花によく似ている。四、五月頃、枝の先に四枚の白色の苞葉に包まれた花が開く。中心には緑黄の小花が集まっている。青い葉との対称がよい。”
【科学的見解】
花水木の標準和名は、アメリカヤマボウシであり、花が美しく管理がしやすいために、近年全国的に公園木や街路樹として植栽されている。近縁種としては、本州から沖縄まで分布するヤマボウシが挙げられる。ヤマボウシの果実は食用となるが、アメリカヤマボウシの果実は食用とならない。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。