水菜

 
みずな/みづな
初春
 
 
京菜
 
 
二、三月頃、菜が乏しい時期に出回るため喜ばれる。根が白く水と土とで育てられるのでこの名がある。京都の東寺九条辺りで作られてきた。京の菜物として、関東では京菜という。薄緑の菜の淡白な味と舌触りは早春のもの。

コメントは受け付けていません。