金雀枝

えにしだ
初夏
 
 
金雀花
 
 
五月から六月にかけて、葉腋に黄色い蝶の形の花が咲かせる。日本には江戸時代オランダから渡来し、改良されて花色も黄色、白やピンクなどいろいろ。
  
えにしだの夕べは白き別れかな
臼田亜波 「旅人」

金雀枝の黄金焦げつつ夏に入る
松本たかし 「火明」

コメントは受け付けていません。