夏柳

natuyanagi 
なつやなぎ
三夏
 
 
葉柳
 
 
夏、柳は青々と葉を濃くし、地面や川面に長く枝垂れ、ときに細い枝を風になびかせる。枝垂れて川面を水鏡とする風情も趣深い。単に「柳」は春の季語。「柳散る」は秋の季語。

葉柳の寺町過ぐる雨夜かな
白雄 「白雄句集」

葉柳に鷺の火を曳く雨夜かな
紫暁 「松のそなた」

夏柳月の為とも植ゑざりし
成美 「発句題叢」

葉柳やこの夕や児と疎み居る 
中塚一碧楼 「はかぐら」

重き雨どうどう降れり夏柳
星野立子「続立子句集第二 」

コメントは受け付けていません。