日日草

にちにちそう/にちにちさう
三夏
nitinitisou日日花/四時花/そのひぐさ
 
 
西インド原産。日本では観賞用に栽培され、三十センチほどの茎に長楕円形の葉をつける。その腋から先が五つに裂けた筒状の花を数個つける。五月から十月、赤、白、桃色などの新しい花が日々、 咲き代わり、秋には細長い実をつける。葉は煎じれば薬になる。

コメントは受け付けていません。