石榴の花

 
ざくろのはな
仲夏
 
 
花石榴/石榴(せきりゅう)/姫石榴
 
 
南西アジア産で、日本には平安時代に渡来した。枝は細く枝分かれて棘がある。梅雨入りした六月から七月、深い緑の枝先に紅色で肉厚の六弁花を咲かす。観賞用で実のならない八重咲のものを 花石榴という。

石竹と同じ根ざしや花石榴
貞室 「玉海集」

五月雨にぬれてやあかき花石榴
野坡 「艸之道」

水打てば妻戸にちりぬ花ざくろ
素丸 「素丸発句集」

コメントは受け付けていません。