南天の花

 
なんてんのはな
仲夏
 
 
花南天
 
 
中部より南の本州、四国、九州の山地に自生し、庭木として植えられる。六月、茎の頂に小さな六弁花を多数つける。冬の季語の実の鮮やかさと対照的に、花は地味で目立たない。一片ずつはらりと散りゆく風情は奥ゆかしい。

南天の実になる花と思はれず 
正岡子規 「季語別子規俳句集」

コメントは受け付けていません。