茴香の花

uikyoういきょうのはな/ういきやうのはな
仲夏
呉の母(くれのおも)/茴香子(ういきょうし)/魂香花(こんこうか)/フェンネル
 
 
ヨーロッ原産のセリ科の多年草で、古代エジプトでも栽培されていた。日本には薬草として中国から渡来。夏、枝先に黄色の小花が群がって咲き、独特の芳香を放つ。果実は胃炎、整腸、咳止めの漢方薬になる。西洋では「フェンネル」と呼ばれ、魚や肉料理 に使われる。 

茴香の夕月青し百花園
川端茅舎 「華厳」

コメントは受け付けていません。