泰山木の花

 
たいさんぼくのはな
初夏
 
 
大山木/泰山木蓮(たいさんもくれん)
 
 
明治初期に米国より渡来。白木蓮に似た純白の大きな花を初夏に咲かせる。ブーケに似た蕊を中心に、天に向かって甘い芳香を放って開く。モクレンやコブシと同じモクレン科の常緑樹であり、日本の樹木の花としては最大で、直径五十センチにもなる。   

壷に咲いて奉書の白さ泰山木 
渡辺水巴 「水巴句集」

コメントは受け付けていません。