灸花

やいとばな晩夏
 
屁糞葛
 
日本各地の路傍や草原に自生する蔓性多年草。七月~九月、ベル状で中央に赤い丸がついた可憐な花をいくつもつける。色がもぐさ、あるいは灸のあとのかさぶたにも見えることからその名がついた。枝、葉、実とも臭いことから屁糞葛ともいわれる。

コメントは受け付けていません。