茄子苗

 
なすなえ/なすなへ
初夏
 
 
インド原産の一年草。熱帯から温帯にかけて広く栽培され、日本では八世紀の正倉院文書にすでに記述がある。江戸時代より各地に多くの地方品種が生まれ、多様な料理に用いられる。苗は五月ごろ、三十センチほどになったものを畑に移植する。

コメントは受け付けていません。