蓴菜

じゅんさい
三夏
 
 
蓴(ぬなわ)/蓴の花/蓴採る/蓴舟
 
 
湖沼に自生する多年生の水草で、古くは万葉集にも歌われている。西暦六百年代から食されるようになった。小さな浮船を竿一本で操り、水面の若葉・若芽を丁寧に収穫する。ゼリー状の透明な粘膜に覆われ、淡白な味とツルンとした舌触りが日本料理に珍重される。

蓴菜や一鎌入るる浪の隙 
惟然 「藤の実」

長々と蓴恐ろし水の底
嘯山 「葎定句集」

面白く塗ばしすべる蓴かな
一我 「新華摘」

コメントは受け付けていません。