藻の花

ものはな
仲夏
花藻
 
金魚藻、梅花藻など、清冷な小川や湖沼の流れの中に咲く淡水藻の花を総じて、藻の花という。小さく、白やうす黄色など地味で目立たない。

藻の花やこれも金銀瑠璃の水
重頼 「佐夜中山」

藻の花や金魚にかかる伊予簾
其角 「水ひらめ」

藻の花をはなれよ鷺は鷺の白
北枝 「玉まつり」

渡りかけて藻の花のぞく流れかな
凡兆 「猿蓑」

藻の花のとぎれとぎれや渦の上
桃隣 「別座鋪」

藻の花や雲しののめの水やそら  
蕪村 「夜半叟句集」

川越えし女の脛に花藻かな
几董 「井華集」

藻の花や引つかけて行く濡れ鐙
暁台 「暁台句集」

引き汐やうき藻の花のさわぎ立つ
蝶夢 「草根発句集」

藻の花の重なりあうて咲きにけり
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。