百日草

 
ひゃくにちそう/ひゃくにちさう
晩夏
 
 
ジニア
 
 
メキシコ高原の原産で、日本には江戸時代末期一八六二年に渡来。強い日照、高温多湿を好む。七月~九月と開花期が長く、花もちがいいことから百日草の名がついた。白、赤、黄、紫など色はいろいろ、一重や八重咲きもある。仏花としても供えられる。

コメントは受け付けていません。