繍線菊

 
しもつけ
初夏
 
 
繍線菊の花
 
 
日本各地の山地に自生する落葉低木。下野の国(栃木県)で見つけられたことからシモツケと呼ばれるようになった。六月、枝の先に淡紅色や白の小さな五弁の花が多数集まって咲く。

下毛花や奥底もなき花のなり
宋阿 「俳諧新選」

しもつけを地に竝べけり植木売
松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。