芭蕉の花

 
ばしょうのはな/ばせうのはな
晩夏
 
 
花芭蕉
 
 
中国原産、日本では中部以西で栽培。七月から九月、美しい大きな葉の間から太い花茎を首をもたげるように伸ばす。穂の上に雄花、下に雌花をつけ、やがてバナナのような実がなるが食べられ ない。

法の世や在家のばせを花が咲く
一茶 「九番日記」

島の子と花芭蕉の蜜の甘き吸ふ
杉田久女 「杉田久女句集」

県庁や訴人もなくて花芭蕉
日野草城 「雑詠選集」

コメントは受け付けていません。