鳶尾草

 
いちはつ
仲夏
 
 
一八/こやすぐさ/水蘭
 
 
平安時代に中国より渡来。五~六月、花茎の先端につぼみをつけ、杜若に似た淡紫碧色の花を咲かせる。アヤメ属で最も早く咲くのでイチハツという名が付いた。中央の小さな花びら三枚が、鳶の尾羽の凹みに似ているので、鳶尾草(とびおくさ)の別名もある。 
   
一八やしやがちちに似てしやがの花 
蕪村 「新花摘」

小家葺て一八さきぬ二三本 
三及 「何袋」

一八の白きを活けて達磨の画 
正岡子規「季語別子規俳句集」 

コメントは受け付けていません。