梔子の花

 
くちなしのはな
仲夏
 
 
 
本州の中部以南に自生する常緑低木で、高さは一~三メートル。庭木として多くの園芸種がある。六月~七月、枝先に香りのいい白色の六弁花を咲かせ、夜にはさらに香りたつ。果実が熟しても口を開かないことから、「口無し」の名がついたともいわれる。

口なしの花さくかたや日にうとき
蕪村 「新花摘」

山梔子や築地の崩れ咲きかくし
麦水 「葛箒」

口なしの淋しう咲けり水のうへ
青蘿 「青蘿発句集」 

薄月夜花くちなしの匂ひけり
正岡子規 「季語別子規俳句集」

今朝咲きしくちなしの又白きこと
星野立子「立子句集」

コメントは受け付けていません。