夏座敷

なつざしき
三夏

夏らしく開放的な座敷をいう。襖や障子戸は葭障子に取り替えられ、畳には簟が敷かれる。風通しのよい座敷である。

香久山か小袖の山か夏座敷
重頼 「名取川」

山も庭に動き入るるや夏座敷
芭蕉 「曾良書留」

行く雲を寝てゐて見るや夏座敷
野坡 「炭俵」

茅舎の死ある夜ひとりの夏座敷
飯田龍太 「遅速」

コメントは受け付けていません。