はだか
晩夏

素裸/丸裸/赤裸/真裸/裸身/裸子

汗をかけば裸になって汗を拭く。子どもたちは裸になって水遊びをする。夏はとかく裸になる機会が多い。

蚊所がくらしよいぞよ裸組み
一茶 「七番日記」

おちんこも欣々然と裸かな
相島虚吼 「虚吼句集」

道問へば露地に裸子充満す
加藤楸邨「寒雷」

裸子をひとり得しのみ礼拝す
石橋秀野 「桜濃く」

裸子にかすかな熱の竈口
飯田龍太 「童眸」

コメントは受け付けていません。