夜振

 
よぶり
三夏
 
 
火振/夜振火/夜振人/川ともし
 
 
カンテラや松明を焚き、その火に寄ってくる魚を網やヤスで取ること。「夜焚」がおもに海漁であるのに対し「夜振」は川漁の漁法である。

雨後の月誰ぞや夜ぶりの脛白き
蕪村 「蕪村句集」

川下に月が出でたる夜振りかな
赤木格堂 「春夏秋冬」

沈ン沈ンと夜振の熾の水に散る 
広江八重桜 「筑摩文学全集」

コメントは受け付けていません。