氷を供ず

 
こおりをくうず/こほりをくうず
初夏
 
 
氷室の使/氷の貢/氷の御物
 
 
各地の氷室から朝廷へ氷を献上すること。陰暦の四月一日に始まり、九月三十日に終わる。

世の貢多かる中に氷(ひ)のみつぎ
白雄 「白雄句集」

身祝ひに先寝たりけり氷の貢
一茶 「七番日記」

コメントは受け付けていません。