擬階の奏

 
ぎかいのそう
初夏
 
 
 
平安時代の宮廷行事。六位以下の身分の低い朝臣に、その成績を考慮して太政官が昇進を奏上する儀式。陰暦の四月七日に行われ た。

コメントは受け付けていません。