桜狩

 
さくらがり
晩春
 
 
桜見/観桜
 
 
花に誘われて、野や山に桜を訪ね歩いて愛でること。花見のことではあるが、より花を求めて逍遥するおもむき。豪華な花見弁当よりも素朴な飯が、筵を広げるよりも山路を行く杖が似合いそう である。

桜狩奇特や日々に五里六里
芭蕉 「笈の小文」

似あはしや豆の粉めしにさくら狩り
芭蕉 「蕉翁全伝」

さくら狩り美人の腹や減却す
蕪村 「蕪村句集」

桜狩りけふは目黒のしるべせよ
其角  「五元拾遺」

杖わつて暮れなば焼かん桜狩り
如水 「俳諧古選」

コメントは受け付けていません。