島原の太夫の道中

 
しまばらのたゆうのどうちゅう/しまばらのたいふのだうちゆう
晩春
 
 
傘止太夫
 
 
四月第三日曜日、京都島原の名妓吉野太夫を偲ぶ催し。太夫ゆかりの寺、京都北区の常照寺にて由縁の道中が見られる。禿や男衆を従え、豪華な打掛姿の太夫が、内八文字を踏みながら練り歩く。法要、吉野太夫墓前供養が行われる。

道中や角屋の前は道せばく 
中田余瓶 「百兎集」

コメントは受け付けていません。